· 

不登校支援を行っているNPOはどんなもの?


 はじめまして。

 不登校支援の団体やNPO法人を担当することになりました、鶴ヶ崎です。各週水曜日に更新させて頂きます。

よろしくお願いいたします。

 

今回は東京シューレをご紹介します。

東京シューレを一言で説明するとフリースクールです。

 

フリースクールとは?

 フリースクールとは小学校・中学校・高校の代わりに過ごす場所のことをいいます。

 

 東京シューレの高校コースでは高校卒業資格が取得できます。東京シューレは、第43回社会貢献者表彰を受賞しているフリースクールです。

 

 フリースクールは、個人経営、NPO法人やボランティア団体などが運営している民間の教育団体になるので、それぞれのフリースクールで方針や教育理念の違いや価格の違いがあります。

東京シューレの理念

東京シューレの5つの理念を紹介します。

  1. ほっとできる居場所

  2. やりたいことを応援する場所

  3. 自分で決めることを大切に――「自由」ということ

  4. 子供たちで創る

  5. 違いを尊重する

どこにあるの?

東京都には王子・新宿・大田に、千葉には流山にあります。

在宅での勉強はできるの?

通学スタイルのフリースクール以外に、ホームエデュケーションも実施しています。

 

ホームエデュケーションとは、どこかに通わず家庭を中心に子供が学び育つというものです。

対象年齢は?

 

対象年齢は小学校1年生から23歳まで(入会は20歳まで)です。

カリキュラムは決まってるの?

 学習プログラム(時間割)は、ミーティングで話し合って決定します。

 

 

 どんな時間がほしいか、どんな力をつけたいか、どんなことをやってみたいかを出し合って、授業や講座がつくられます。

カリキュラムの特徴は?

 東京シューレの学習の特徴は、「広い意味の勉強(ひろべん)」=体験や人との出会い生活の中での自己決定など、日常の中で学んでいくことを大切にしていることです。

 

 

 プログラムの内容は強制されているものではなく、自分の興味・関心のあるプログラムを選んで参加することができ、自分のペースで通うことができます。

ほかの生徒とのかかわりはあるの?

 日常の活動やフリースペースでは、一緒に過ごす中で共に学んでいくため、異年齢集団の中で、人間関係社会性を豊かにします。

≪参照≫東京シューレホームページ:https://www.shure.or.jp/

 

保護者向けのサービスはあるの?

 東京シューレには親の会というものもあります。

 

 この親の会では、不登校について学びあう会で、誰でも参加することができます。お子さんの不登校について悩んでいること、困っていること、疑問に思うことなどを出し合って学びあっています。

 

 参加費は1回につき「会員=無料」「非会員=500円」。会員は年会費3000円。

 

 

 また、相談窓口や親ゼミなどの保護者を支える活動もしているので、ぜひ活用してみてください。

東京シューレを支援したい!

東京シューレのホームページでは、寄付を募っています。活動を支援したいとお考えの方はぜひご利用ください!

東京シューレホームページ

 

https://www.shure.or.jp/

 

 

ライター:鶴ケ崎